読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわしの帖

やれることをやってみるブログ

たわしの帖

ありがとう2016

ブログ 雑記-私事・考え事

 ついに迎えてしまった。大晦日。

 今年最後の更新はちょっと厳しいかなぁ、と思ったけれど取り急ぎ。ご挨拶だけでも。

いろいろあった2016

 今年は、良くも悪くもいろいろなことがあった1年でした。

 明るい話題でいえばオリンピック。ゲスな話題でいえば不倫問題。その他、自然災害やWELQ、SMAP解散、PPAP、逃げ恥、「君の名は。」エトセトラ。世の中のアレソレだけを取り上げても、キリがないほど。話題に事欠かない2016年だった。

 ここで「今年こんなことあったよね〜」「当ブログでは、この記事が読まれたよ〜」と振り返るのも結構です。しかし、敢えて私はやりません。だって、みんな読み飽きたでしょう? そういうブログネタ。振り返っても良いんですけど……特にブログの記事。でも、そんなに記事ストックないですから。残念。

 なので、好き勝手書くの巻。

「紅白」の副音声が面白すぎる

f:id:kimamalist:20161231233142p:plain
今年もやります!紅白ウラトークチャンネル|第67回NHK紅白歌合戦

 最近のNHK「紅白歌合戦」では副音声で「紅白裏トークチャンネル」が展開されている。今年の司会はバナナマン(3年連続)と橋本美穂子アナウンサー。

 実のところ、我が家に「紅白歌合戦」を観る風習はない。12月31日の定番は日テレの「笑っちゃいけない」シリーズ。「紅白は面白くない」という認識だったので、たとえ司会が嵐でも人気女優でもチャンネルが合わさることはありませんでした。

 そんな我が家が──正確には私が、紅白にチャンネルを合わせるようになったのは去年のこと。合わせる理由のほとんどが“親密にしている女の子の影響”なのだけれど、一部には「紅白裏トークチャンネル」がある。

 バナナマンのトークが最高に面白いのです。あと、日村さんがめっちゃ歌う

 もともとバナナマンは好きですし、ラジオもちょこちょこ聞くから彼らが面白いってことは知っている。そんな彼らが国民的長寿番組の副音声で、自由にバナナマンワールドを展開するなんて……。NHKの戦略にホイホイさせる他に道はなかったのでした。ぐぬぬ。

「紅白裏トークチャンネル」の存在は、かなり広く知られていることでしょう。過去にはT.M.Revolutionの西川兄貴が大熱唱をして、ゴールデンボンバーの歌声をぶっ潰したことがネットで話題になりました。西川兄貴が出た裏トークはマジ神だと思う。

 自分の順番を終えた演者がゲスト出演していて「台本のないラジオ」のようになっている「紅白裏トークチャンネル」。今年もバナナマンのわちゃわちゃが楽しい時間でした。主役の歌なんて聞いちゃいないぜ……日村さんの「紅」凄すぎワロタ。

ありがとう2016

 今年も残り9分(ここまで書いた時点で23時51分)。本当に取り急ぎですが、皆様いろいろお世話になりました。

 明日以降もまた、もりもり頑張っていきたいなぁ。そして、2017年12月31日の「紅白裏トークチャンネル」を再び聞きたい。来年もまた、バナナマンが司会であることを願って。

 よいお年を。