読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわしの帖

やれることをやってみるブログ

たわしの帖

トラベラーズノートのリフィル用ゴムを簡単に増やす方法

雑記 雑記-手帳

 どうも、トラベラーズノート大好き束子です。

 これまでにも、トラベラーズノートに関する記事をいくつか公開してきました。まだお読みでない人は、下のリンクからドウゾ。

関連記事

 今回は「今年『買ってよかった!』と感じたものを感想付きで紹介する」で「書きたいなぁ」と思っていた、リフィルを挟むゴムの増設法を解説したいと思います。

注意本記事で紹介する方法は早急にゴムを増やしたい、または面倒臭がりさん向けです。

 やり方の関係上、増設したゴムが外から見えます

f:id:kimamalist:20161221141437j:plain

 お分りいただけるでしょうか、金具の横にゴムがそっと寄り添っているのが。

 この不恰好な見た目が「よろしくない!」という人には、今から紹介する方法は不向きです。ごめんなさい。

用意するもの

  • トラベラーズノート(革カバー)本体
  • ゴム
  • 錐(きり)

 ゴムはスターターキットに付属しているやつか、市販されているものならダイソーのヘアゴム(極細)がオススメ。

 トラベラーズノートはリフィルを挟むだけでなく、ゴムで本体を止める仕様になっています。何かと必要になるので、ダイソーのヘアゴム(極細)は買っておいて損はないですよ。

 また、錐(きり)はトラベラーズノート本体の穴を拡張するために使います。なので、錐じゃなくてもオッケー。アイスピックのような先端が尖っているもので大丈夫です。

 ちなみに私は、たこ焼きをクルッとするやつで代用しました。

おさらい:リフィルとは

 今更ですがリフィルとは、革カバー本体に挟んだりカスタマイズに使うアイテム全般のこと。

 MD用紙を使ったノートやスケジュール帳、画用紙など「書き込むため」のアイテムの他、クラフトファイル、ジッパーケースといった収納グッズも揃っています。さらに写真などを手軽に貼るための両面シール、ノートと一緒に使える付箋紙などもあります。

 リフィルの中にはノートを複数はさむ時に使う「連結バンド」が存在します。本来なら「連結バンド」を利用しますが、ノートをキレイに揃えてカバー内に収納したかったので、敢えて本体側のゴムを増やしました。

リフィルを挟むゴムの増設法

その1:新しいゴムを本体内側にセット、端を外側の穴から表へ出す

f:id:kimamalist:20161221113941j:plain

 この工程、実はすっ飛ばしても構いません。でも、やっておくとイメージ図がきちんと目に見えます。

 初心者さん&工作が苦手……! という人は最初に、新しいゴムをトラベラーズノートの内側(本体裏)にセットしましょう。そしてゴムの端を、本体の一番端の穴から外側(本体表)へ出します。

その2:中側の穴を錐で拡張する

f:id:kimamalist:20161221113301j:plain

 錐もしくは錐のように尖ったもので、本体の内側の穴を拡張します。

 本体の内側の穴とは、「その1」で新しいゴムの端を表に出した穴の横(写真参照)の部分です。既存のゴムを傷付けないように注意しながら拡げましょう。

その3:拡張した穴に、新しいゴムの先端を通す

f:id:kimamalist:20161221114008j:plain

 いい感じに穴が広がったら、新しいゴムの先端を通します

 もしもゴムがスムーズに通らない場合は、穴をさらに拡張するか錐のようなもので押し出してあげてください。押し出すときは、ゴムを傷付けないように注意です。

その4:丁度いい“張り”に調整する

f:id:kimamalist:20161221114205j:plain

 新しいゴムの両端を穴に通したら、リフィルを挟む部分の“張り”が丁度良い強さになるように調整しましょう。

 強さの目安は既存のゴムを参考にしてください。「元々ついてたゴムが伸びきっちゃったよ!」という場合は、実際にリフィルを挟んで調整すると良いです。

その5:玉結びで固定する

f:id:kimamalist:20161221114458j:plain

 “張り”を固定するため、玉結びをします。

 難しく思えるかもしれませんが、簡単です。最初から表紙との境目で結ぼうとせず、まずは飛び出したゴムの中間あたりで軽く結んでください。その後、指先を使って結び目を根元に移動させます。

 そして「ここだぁ!」って部分で結び目を押さえ、余った部分を引っ張ります。性質上ビヨーンっとなりますが、力加減を調整すれば間違いありません。

完成

f:id:kimamalist:20161221114512j:plain

 玉結びを両側で行ったら、完成です。

「不恰好」でも、使うぶんには支障なし

 本来の手順*1を踏んでいないので、冒頭で記述した通り金具の横にゴムが見える「不恰好」な姿になっています。

 ですが、使っている分には支障ありません。支障がないどころか、全く気にならない。「不恰好かなぁ」と感じるのも最初だけです。

正規リフィルに依存しなくても大丈夫!簡単、手軽に使おう

「連結バンド」を使わずとも──そして、ゴムや金具のリフィル「リペアキット」を利用せずとも、本体のリフィル用ゴムは手軽に増やせます

 自分なりのカスタマイズを施せるのが、トラベラーズノートの最大の魅力です。もっと手軽に、そして簡単なアレンジを手作業で加えてみては如何でしょうか。

 リフィルの価格はお手頃ですが、塵も積もればなんとやら。あれも! これも! と増やすと、それなりの合計金額になってしまいます。正規品もよいですが、手近なアイテムで代用してみても面白いですよ。

*1:外側の金具を外し、新しいゴムを通す